スピリチュアル・カウンセラー ミュゲのLove Blog

「ハピエネ・セラピスト、ミュゲのワンダーランドへようこそ。日記やスピチュアルなお喋り、お知らせなどをUPしています。」

2017年05月18日(木)

ミュシャ展に思う [MUSIC & アート]

画像(320x240)・拡大画像(500x375)

スラヴ菩提樹の下で行なわれるオムラジナ会の誓い


昨日ミュシャ展に行ってきたのですが、今だにすごーく混んでいました。
(同美術館内の、草間彌生展はさらにスゴイ状態でした。平日なのに@@)

その昔(すでに四半世紀以上前ですが〜)、フランスで女子学生だった頃、1年目はイギリスに程近いブルターニュ地方のナントという街にいたのですが、女子寮のキッチンの壁紙がミュシャでした。

初期の彼は、商業デザインも沢山手がけていたようで、アレは多分、ココアの缶か何かのイラストだったと思います。
赤いドレスの女の子がカフェオレどんぶりでココアを飲んでいて、隣りには黒猫がいたように記憶しています。
それを壁紙にしたものだと思いますが、可愛かったな〜。

晩年のミュシャは、故郷への思いがベースとなった「スラヴ叙事詩」という大作を何枚も描いていて、その多くは壁一面というようなすご〜く大きな作品でした。
最近の美術館は、撮影OKの展示もあってビックリします。
「それってどうなの?」
と思いながらも、ちょっとだけ撮ってみる(笑)

写真は「スラヴ菩提樹の下で行なわれるオムラジナ会の誓い」と「スラヴ民俗は人類のために」いう作品。

彼の絵には、民族を護り導く神、女神、スピリット(音声ガイドでは「幻影」と表現されていましたが)が沢山描かれています。
きっと、ミュシャ自身はその存在達を実際に見たり、感じたりしていたのだと思います。

戦いの勝利の絵が、栄光というよりは空虚さを表現していたり、民族の誇りに目覚めて、人類への祈りを捧げるようなテーマが根底にあったり。

この一連の「スラヴ叙事詩」シリーズ全作品がチェコ以外で展示されることは初めてなのだそうです。

これは、ぜったいに天界の美術担当の皆さまが、
「ちょっとこれ、今日本人へのメッセージとして送って」
との計らいなのでしょう。

今の日本にも、私たちという日本民俗が、これからの時代の意識に目覚めるべく、沢山の守護の存在たちが導いてくれていますね。

気づいていてもいなくても、大きな導きの中にいることを
美しく、強く、感じ入ったことでした。







アメブロも日々更新中!





画像(320x240)・拡大画像(500x375)

スラヴ民俗の賛歌(スラヴ民俗は人類のために)

画像(320x240)・拡大画像(500x375)

Posted by 管理者 at 14時40分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.maria-angels.jp/a-blog/tb.php?ID=749

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

管理者

Maria & Angels

ハピエネ・セラピスト、スピリチュアル・サポーター

管理者

ミュゲ

スピリチュアル・リーディング、ヒーリング、フラワーエッセンス
などの個人セッションや、リーディング講座、ボディーワークショップ
などを開催。

セラピールーム・ミュゲ主催


「癒し系」と言われることも多いが、「波動使い」とも呼ばれる(笑)。
チャレンジ、美しいもの、面白い事や人、美味しいもの、音楽やダンス、芸術、
異文化、宇宙のザ・真理、大好き。

吉祥寺在住


参加ランキングサイト




Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ミュゲ恵子

バナーを作成


検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Maria Angels All rights reserved.