スピリチュアル・カウンセラー ミュゲのLove Blog

「ハピエネ・セラピスト、ミュゲのワンダーランドへようこそ。日記やスピチュアルなお喋り、お知らせなどをUPしています。」

2017年06月05日(月)

「スケルトンな」現象界 [スピリチュアルな気づき]

画像(213x320)・拡大画像(400x600)


ふと気づけば、すでに去年とは全然違う時空の地球に住んでいました。

今生きている私たちは、それぞれがとてもストレートな
「自覚」
をうながされている、と感じます。



「アナタ、今回の人生、どうしたいんだっけ?」

と。




地球・人類全体の次元が上がっていくにつれて、

各自の、「内なる神」がより光を増し、

今まで光が当っていなかった、もろもろの蓄積物を照らし出しています。

恩恵として。




今や、「スケルトンバッグ」のような、私たちです。




アメリカのトランプ大統領が

「アメリカが一番!」と称えるのも

イギリス人の集合意識が、

「イギリスは、他のEUの国々より優れているんだから」と

EUを離脱を選んだのも

とても分かり易い現象化なのでしょう。



では、私たち日本人といえば?

「本音と建て前は別」

「みんなそうしているから。他の人から認められることが大切だから」

そのような、意識が強いのかもしれません。

そして今や、史上最多の、ウツ患者を生み出しました。



でも、それは本当に仕方のない事なのでしょうか?

本当に、「本音と建て前は別」にしないと、生きていけないでしょうか?

本当に、「自分以外の誰かから認められること」が一番大切なことなのでしょうか?



1)自分の内側にあるものすべてに、光を当てること。

(今、きっと現象化しているので、それほど難しくないはず。)

2)次に、それを自分自身が認めること。

3)さらにもう少し勇気があれば、それを外にさらけ出すこと、です。


2)と3)は、おそらくとても怖いことかもしれません。

自分の闇の中には、

「ずっと不幸でいた方が身のためだ」

「そうした方が、○○に復讐できる」

「自分に幸せなんか、そぐわない」

「能力なんか発揮したら、大変なことになる」

「私は悪くない」

「私はいつも犠牲者なのだ」

「このパターンはいつも自分とともにあったのだから、もう自分の一部なのだ。コレ無しでなんて、生きられっこない」

etc.etc..




それがいつの、どこに端を発していようとも、

これだけ光が強くなってくると、大差はないように思います。

怖くても、不安でも、ウラハラな気持があろうとも。

そんなのは、程度の差こそあれ、みんなある。



すべてを受け止める自分になってしまうと

すべてが(受け入れる自分も、許す自分も、許される自分も、それを見守る自分も全部)が自分の中にあるのだから、本当に怖くなくなるのです。



あ〜今って本当に素晴らしい時代だな〜、と思うのことは

天上界と地上界が、本当に近い!



天上界の神々、マスター達も、

自分の中にあるものに、徹底的に光を当て続けていると

あ、自分のお腹の中にいた〜〜!

と、実感するのです♡

本当に感動ですよ。



それに気づかせてくれるのが、宇宙に偏在している愛です。

そう、今あなたが吸っている目の前の空気の中にも、フツーに在る。



愛の作用は凄くて、それを分かり易く、「宇宙の母の愛」

と認識したりします。

何といっても、その後なににそれを使うにしても

宇宙の中では、まず「愛を受け取る」

そう

「愛される」

ことが、大切なのです。




そのような普遍的な愛を、私たちは通常

親や、家族や、パートナーに求め、

そして、絶望したり、諦めたりします(笑)



でも、大丈夫。

その体験が、私たちを、「目利き」にします^^v



それは、絶対的な「宇宙の愛」

に目覚めるチャンスなのです。

何て素晴らしい!

この私たちの脚本は・・!?



傷つき、絶望し、諦める

しかし、ある人たちは、そこに「真理」を求め続けるでしょう。

自己を探して、探して、求めつづける。

そして、ある時がきて、委ねるしかなくなる。

それが出来る!

何と素晴らしい資質を、人間は持っているのでしょう。

まさに神業!(笑)





そういう絶対的な目覚めのシナリオを用意して

この世に舞い降りてきている私たちって全員、何てすごいの・・!!!(笑)



そうして内なる神という愛が、どんどん自らに広がっていったとき

外にも愛の関係は水や空気のように浸透していきます。



内なるものも

内から外へも

外から内へも

すべてがスケルトン。



私たちひとりひとりの愛の表現が、超クリアー化してきています。

宇宙に愛されて、そして成長し、本来の力を発揮する。

それは一人一人違う愛の表現。

それが、自分以外の人(という自分)を通して、自分に還ってくるのです。




時は、満ちています。







WSセンタリングと聖母意識の目覚め(6/10土)
お申込受付中!



☆リニューアルキャンペーン実施中!☆
新「魂の喜びお届け人」になるメルマガ








アメブロも日々更新中!



Posted by 管理者 at 15時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月12日(水)

春は花 [スピリチュアルな気づき]

画像(320x240)・拡大画像(500x375)


ピンクムーン満月の翌日。

このように美しい春の日となりました。

今年もありがとう、井の頭公園の桜。

花は自分の都合で、こう咲きたいああなりたいなどとは言わないけれど、

暑くても寒くても、晴れても風でも雨の日でも、

ただただ自然界の法則を、その完璧な今を、咲いてくれている。



魂を磨いたり、成熟するとは、その実

あるがままを受け入れることだけなのでしょう。

そのあるがままを受け入れる、ということが

人間には時に、どうしてこんなに難しいのでしょうね。



「春は花 夏ほととぎす 秋は月 
 冬雪さえて冷(すず)しかりけり」
(道元禅師)


自然への感謝と尊敬をこめて


合掌






アメブロも日々更新中!




Posted by 管理者 at 15時50分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月11日(水)

自己の魂の振動音だけを聞く [スピリチュアルな気づき]

画像(320x213)・拡大画像(639x426)


年末から年明けにかけて、静かだけれど根本的な、お鍋の底からお料理をぐわっとかき混ぜるような、とても大きな変容が起こっています。

それはあまりにもさり気なく大きなエネルギーが動いているので、人によってはとても体力を消耗しているように感じたり、だるくて眠かったり、風邪や疲れや体の痛みなどの症状を伴ったり、考え方や生き方の根本を見直していたり、自分の生活が変化する予感がしていたり、しているかもしれません。

このような時は、余分な雑音によって、さらに自分を混乱させたり疲れさせない方が良いですね。

自分の中に、新しいバイブレーションが起こっているのです。
その振動音に、耳を傾けた方がいい。

あらゆる他のものは、昨日までの自分の発したバイブレーションによって、引き寄せられたものの余波だと、認識する方が良いです。

今日は1月11日。
111の日。
1が3つ並んで気持いいですね。

自己の魂の音だけを聞く、その事を意識し始めるのに良い日です。

それはハートで聞く感じであり、それにつれて第3の耳(こめかみ辺りにあります)が機能し始め、直感がフツーに使えます。

世の中にこんなに沢山の音(波動情報)が溢れていなかった時代には、わりとみんな普通に出来ていた事。
今は世の中が便利で忙しく複雑になった分、意図してシンプル化しなければなりませんね。

そう、シンプル化するだけなにのに、どうしてみんなそれをこんなにも難しく感じてしまうのでしょう。
かつて私もそうだったように。

難しくないし、怖くない。

何も失わないし、永遠に大丈夫。

全部の答えも、欲しかったものもすべてそこにある。

自己の魂の音に、耳を傾けていきましょう。

まずそのように自己の中心を尊重し愛することで、他の人をもう一歩赦し、愛せるようになります。

今日もともに生きてくださって、ありがとうございます♡




1/22(日)フラワーエッセンスとお手当瞑想会@西荻窪








アメブロも日々更新中!





Posted by 管理者 at 09時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年12月15日(木)

聖母の慈悲 [スピリチュアルな気づき]

画像(240x320)・拡大画像(400x533)


私たちは季節とともに生きている。

季節は太陽と月と、地球上のあらゆる命の営みによるバイブレーションの放出によって成っている。

12月という季節は、太陽が地上を照らす時間が一番短くなるので、
その分人は、内へ内へと向かうことに背中を押される。

クリスマスも年末も、1年の終わりに向かうにつれて
人々は暖かさを求め、家族や大切な人のことを思う。

普段より一層その繋がりと愛を感じたり
絆を確かめたいと思ったりする。

一緒に過ごす人がいる人もいない人も
幸せな人も、そうでない人も
実は同じように愛に立ち返りやすい季節。

孤独感や寂しさは、実は誰の中にも根底にある感情。
それを感じることが出来るのは、本当は幸いなことなのだと
聖母は教えてくれる。
あなたのハートが機能している証拠だと。


また、悲しみや孤独感、辛さを抱えている人の助けになりたいという気持が、普段より人類の中に多く沸き起こるのもこの季節。
それは、誰の中にも聖母が存在することの、顕われなのだと。



聖母の意識というものは、実は、キリスト教という特定の宗教の中にだけ存在するのではなく
宇宙の慈悲の象徴として、世界中のあらゆる人の心の中に存在する意識。

自分の赤ちゃんが泣いていれば、抱きかかえてお乳をあげたいと思う母親のように
私たち人間が悲しく辛い思いをしている時には、いつもそばにいてくれて、慰めを与えてくれる。

どうにもならない事があって、ただただ悲しいという時には
そばで一緒に泣いてくれている。



そういう宇宙の母の愛に、私たちは育まれている。

地上で頑張る天使たちに、嬉しい時も悲しい時も、
そしてある日、肉体を脱ぎ去るその時まで

溢れる慈悲の雨を
降らせてくれている。


片時も、目を離すことなく
まっすぐに
愛の眼差しを 向けてくれている。


私たちが目覚めた時のために
大きな贈り物を携えて

いつも、見守ってくれている。









アメブロも日々更新中!










Posted by 管理者 at 18時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年11月21日(月)

「宇宙のお母さん」という無償の愛 [スピリチュアルな気づき]

画像(231x320)・拡大画像(462x640)


昨日は波動セラピスト養成コース、レベル2の3日目の講座でした。

毎年この辺りは受講生さんそれぞれが「佳境」に入る頃です^^;
決して私が意図したり、操作しているわけではないのですが、自然とそうなります。各自のコミットと宇宙の流れのシンクロ具合が凄いな〜と思います。

今年2016年はとりわけ、今生のこれからを、各自が問われる年ですから、尚の事ですね。

存在の中核に大きく関わる、「母子関係」というテーマに取り組んだ方がとても多かったです。(今も)

母と子という関係は、他のあらゆる大切な人間関係よりも最もパワフルな影響をもちます。

だからこそ、この関係性に大きな傷がある場合(愛されなかったとか、愛せないとか)、それはまるで致命傷のように感じます。実際癒しに時間のかかる場合が多いです。

でも

私は「スピリチュアリティ」というものの真の素晴らしさを、そこに感じます。

肉体のお母さんがどんなパーソナリティーで、どんな難しい関係性がそこにあり、どんなに愛が欠落していると感じていたとしても

宇宙のお母さんの愛は全くもって完全無欠です。

ムラもないし、例外もないし、気まぐれも、身勝手さもない。
常に全開全力放出の、無償の愛です。

私がスピリチュアリティというものを、これほど大切に感じているのは、そこに基盤があるのだと、改めて感じています。

今生で、難しい母子関係を選んで生まれてきたと感じているとしたら、それは、
そこを突っ切って、宇宙の母の大いなる愛に繋がることを選んだ、チャレンジャーなのです。

過去の因果だろうが、何だろうが、その愛の中では吹っ飛びます。大いなる無制限の愛なのです。

苦しみの中から、慈悲 という花が、開きはじめます。

自分自身の中に、その愛の片鱗を見い出すのです。

その問いが生まれた時が、ギフトの始まりなのかもしれません。

その気づきが多くの方の中に生まれているのに触れて私自身、「生きる」ということの偉大さに感じいっています。

宇宙のお母さん、ありがとう♡

I LOVE YOU♡♡♡





波動セラピスト養成1DAY修了者&卒業生のためのフォローアップ(11/23@吉祥寺)

「かみさまとのやくそく」自主上映会&瞑想会(12/3@西荻窪)










アメブロも日々更新中!

Posted by 管理者 at 21時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年11月15日(火)

人生を生きる上で一番大切な体験とは・・? [スピリチュアルな気づき]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)


夕べのスーパームーンの浄化力凄かったです(@@)

私たちは人生の中で、しばしばスペシャルな体験を求める。
スペシャルな体験をすると、また「アレ」のような事が良いのだと思い、また印象的な体験や、それによってもっと素晴らしい人生がその先にあるような気がして、それを求め続けたりする。

でも

一番有り難いことは、「ここ」にある。
もうある。
目の前にある。
その自分と、今、そこにいる人の中にある。
その不十分すぎる、まだまだ違うと思っているその「ここ」にある。
問題だらけの、未熟で、どうにもまだまだだと思う、その状態のままでその中にある。

スペシャルな事が何も無い、何の変哲もない瞬間の、その中にある。

私は若い頃はとりわけ、いつも最高か最低のどっちかで、いつも不安定だった。いつもここにない何か、を求めていた。
でも、その頃が間違っていたのではない。
あの時でさえ、すべての必要なものはその中で完璧にあった。

お釈迦さまのいう「中庸」とは、決してつまらない「ほどほど」のことではない。

そのゼロポイントというものは、実は、とんでもないパワーを内包しているのだと思った。
ゼロになる時、パワーは爆発的に花開く。

私たちは今みんなで、とんでもない速度で波動を上昇させている。
それはみんなでやっているのであって、決して各自が各自の人生だけをやっているのではない。そんな事は起こり得ない。

そのガンガン上昇している気球が上がっていくとき、積み込んでいた荷物が重すぎるので、アレもコレも要らなかったと気づくのだけど、それを気球から捨てようとするとき、執着がジャマをして躊躇する。
その時、苦しいと感じる。
でも、捨ててみれば気球は格段に軽く、さらにどんどん上昇していく。

その時の、爽快感を、そのコントラストを、味わいたいのだと思う。

素晴らしく気持いいと感じ、景色はよりクリアに美しく見渡せるようになり。空に溶けていく。

それが実は、一番さり気ない、問題の多い日常の中にある。

そんなことを味わえる人生というものこそが、素晴らしいのだと思う。

そういう事を気づかせてくれるのは、今自分の一番近くに、そしてその周囲にいる人であり、今、そこに引き寄せている人であり、天が与えてくれる、ご縁の妙のミラクルなのだと思う。

つまり、日常そのものがミラクルで、ミラクル以外は起こりようがない・・。

そのような、大いなる気づきを与えてくれる、
今この時を
一緒に生きてくれている
すべての大切な人達に、心からの感謝を捧げます☆☆☆☆☆




波動セラピスト養成1DAY修了者&卒業生のためのフォローアップ(11/23@吉祥寺)

「かみさまとのやくそく」自主上映会&瞑想会(12/3@西荻窪)









アメブロも日々更新中!

Posted by 管理者 at 19時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2017


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

管理者

Maria & Angels

ハピエネ・セラピスト、スピリチュアル・サポーター

管理者

ミュゲ

スピリチュアル・リーディング、ヒーリング、フラワーエッセンス
などの個人セッションや、リーディング講座、ボディーワークショップ
などを開催。

セラピールーム・ミュゲ主催


「癒し系」と言われることも多いが、「波動使い」とも呼ばれる(笑)。
チャレンジ、美しいもの、面白い事や人、美味しいもの、音楽やダンス、芸術、
異文化、宇宙のザ・真理、大好き。

吉祥寺在住


参加ランキングサイト




Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ミュゲ恵子

バナーを作成


検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Maria Angels All rights reserved.