スピリチュアル・カウンセラー ミュゲのLove Blog

「ハピエネ・セラピスト、ミュゲのワンダーランドへようこそ。日記やスピチュアルなお喋り、お知らせなどをUPしています。」

2010年01月08日(金)

白鳥座のエネルギー [詩]

画像(180x124)・拡大画像(500x347)

今夜、ある音楽を聴きながら目を閉じていたら、突然白鳥座のエネルギーが降ってきました。

そして、何年も前に私が書いた、一つの詩を思い出しました。

その時のエネルギーを。

あの頃は、あとからあとから沢山、降ってくるように詩ができて、それをHPに載せていたのでした。
(今でもHPのメッセージ集というところに残してあります)

どうしてあんなに詩をたくさん書けたのか分かりません。

今はもうそんな詩が書けるとも思えなく、何だかとても懐かしい。





「白鳥に乗った少女」

大空から舞い降りる 大きな結晶のぼたん雪
一面の雪模様とともに
真っ白な大白鳥に乗った少女

その手に持つは 小さな白い杖
この世の忘れがたき過去を清めるのか
その小さな魔法の杖

忘れがたきを忘れ、手放しがたきを手放し
赦しがたきを赦し 受け入れがたきを受け入れ
浄めがたきを浄むるは
その手にもった 小さな白い杖なのか

どの空にありて この地を思う
どの雪を受けて 私たちと交わる
どの地へ舞い降りて その美しき白鳥とともに
雪のダンスを踊るのか

恵みの雪よもっと降れ
この地のすべてを浄めるほどに
天と地の境目が 雪で見えなくなるほどに
天と地を分けるものを 完全に繋いでしまうほどに

あらゆる境界よ消え失せよ
罪と罰が存在していた世の中も
男と女が分かり合えない世の中も
キレイなものとキタナイものがあった世界も
過去と未来が揺るぎない一方通行なこの世も
良いものと悪いものの決めつけも
私とあなたの境目も
光と闇のまぼろしも

あらゆる時空を呑み込んで
全てを完全なる白に帰す

吹きあれる際限ない恵みの吹雪の中で乱舞する
あの空からの使者
今 まさにここに この空に

ああ 大白鳥に乗ったその少女







この詩を書いた頃は、時々、それは美しい霊夢をみることがありました。

はじめてクリスタルを買った日のこと。

それは、20面体にカットした小さな美しいクリスタルでした。

私はうれしくて、うれしくて、それを手のひらに握りしめて眠りました。

その夜、自分のチャクラが下から上まで、まさに電光石火のごとく、チカチカチカッ、と各色に光って開く夢を見ました。



そのしばらく後のある夜、白鳥の夢を見ました。

暗く済んだ大空を、雄大な白鳥がゆっくりと南から北へと飛んでいたのでした。
実際の白鳥座は、北から南を向いているのですが、何故か夢でははっきりと、「北に向いて」飛んでいるのだ、と分かりました。



今なぜ突然そのエネルギーが来たのか分かりません。
北の方で雪が沢山降っているせいなのか。

白鳥座は北十字とも呼ばれ、白鳥座のデネブは私ととても縁ある星のようです。

たくさんの宇宙転生を記憶の隅に捉え

不思議な気持ちになっています。



白鳥座にまつわる神話の一つに、ギリシア神話の大神ゼウスが、白鳥に姿を変えたというものがあります。ゼウスは恋する王妃レダの元へ白鳥の姿で訪れ、白鳥が去った後、レダは2つの卵を産み落とし、これがふたご座の兄弟、カストールとポルックスとなったそうです。


ふたご座生まれの私としては、とても興味深い神話ではあります。

ふたご座流星群の影響でしょうか・・・。

何だか鳥肌がたってしまいました。






携帯サイトはこちらhttp://www.maria-angels.jp/m/


アメブロも日々更新中!

Posted by 管理者 at 23時03分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2008年08月16日(土)

存在してくれて ありがとう [詩]


あなたが存在してくれている

ただそれだけで

私には大きな影響がある


たとえ話をしなくても

たとえ会わなくても

それでも大きな影響がある


私一人では 決して知り得ない

体験が そこにはある



そして 私自身が

ここに存在している

そのことだけで ただそれだけで

ありがとう


私一人は 決して決して私一人だけでは

存在しえない

沢山の影響の中で 生きている

だから そんな私自身に

心から ありがとう



こんなにも みんなみんな

繋がっている


私のこの一つの体験は あなたにも一つの体験

あなたが何かを得れば 私にも得るものがある

私が自由になることは あなたが自由になることで

あなたが幸せになることは 私も幸せになること



こんな不思議な世の中に 私たちは生きている

こんな素敵な世の中に 私たちは存在している


そんな感謝な事実に 気づかないでいると

そんなあり得ないほどの恩恵のことを 忘れていると

宇宙が これでもか、これでもか、と教えてくれる

今日もまた



だから  

あなたが存在してくれている

こんな素敵な世界に

私も同時に存在している


そんな素晴らしい出来事に

ただただ 心から ありがとう





Posted by 管理者 at 22時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月01日(金)

情熱はどこから・・・ [詩]

情熱の炎は どこからやってくるのだろう

その 燃える心に火を灯したのは

一体どこの女神なのか?


どうか責任をもって その火の始末をして欲しい

行き場のない炎が 私の体を焼き尽くす前に



「恋愛なんか 勘違いと執着で出来ているのだ」

Yes I know



「自分が不完全な存在であるのだ」と

「その相手がいなければ 満たされないと

勝手に思い込んでいるだけなのだ」

「そんな勘違いの 傷ついた欠乏感でしかないのだ」と

Yes I know



「素晴らしい情熱は 簡単に苦しみに変わるのだ」と

Yes I know !
Yes I know !!




けれど

人間マグダラのマリアは 人間イエスキリストを

どれだけ愛したか あなたは知っているというのか?


無条件の愛を捧げたいと思った彼女が

どれだけ苦しんだかを

そして 人間イエスキリストが

どれだけ人間マグダラのマリアを愛したかを



清らかで気高い聖母マリアの象徴

その百合の花の本当の意味を

2人のマリアのその力を



だから 人は崇高な世界を求める

そこに 到達したいと思う

そこに 救いを求める

もう ここはいい、と

とことん思えた時に入れる そこへ・・・



それでもいい

それでもいい


私は あなたを 愛している

たとえ あなたが それを 受け止められなくても


今生では無理とでも 言いたいのかもしれない

それならば 私はあなたと一緒に死にましょう


どうにもならない 古いあなたと供に

私も一緒に死にましょう


そして 生まれ変わればいい 新しく

死と再生の女神の前で


その死の大地から蘇った 私たちのまわりには

おびただしい数の 赤い赤い薔薇の花が

咲き乱れていることでしょう


その時 あなたは 理解するから

それが 私の 純粋な 愛と血の色だと



真実しか 人を癒さない

真実しか 人を救わない

真実しか 人を目覚めさせない



私は あなたを 愛している

それ以上に どんな真実が 今

私に必要だというのか



真紅の薔薇のエネルギーが

私の子宮に 花開く


愚かな 愚かな

かけがえのない程美しい

真実の花が




[ The Rose - Janis Joplin ]




Posted by 管理者 at 00時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

ページのトップへ ページのトップへ

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

管理者

Maria & Angels

ハピエネ・セラピスト、スピリチュアル・サポーター

管理者

ミュゲ

スピリチュアル・リーディング、ヒーリング、フラワーエッセンス
などの個人セッションや、リーディング講座、ボディーワークショップ
などを開催。

セラピールーム・ミュゲ主催


「癒し系」と言われることも多いが、「波動使い」とも呼ばれる(笑)。
チャレンジ、美しいもの、面白い事や人、美味しいもの、音楽やダンス、芸術、
異文化、宇宙のザ・真理、大好き。

吉祥寺在住


参加ランキングサイト




Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ミュゲ恵子

バナーを作成


検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Maria Angels All rights reserved.